高ボッチ高原 駐車場 鉢伏山みはらしコース登山口

豪雨災害の影響により塩尻峠(国道20号)からは行くことができません。(令和5年8月時点)

  • 収容台数:200台
  • 駐車料金:無料
  • 24時間出入り可、駐車場3か所あり
  • トイレあり、携帯つながる、自販機あり
  • 緯度経度:36°08’05.7″N 138°02’14.7″E
  • マップコード:75 469 747*46
  • 住所:〒399-0711 長野県塩尻市片丘
  • 標高:1,638m
  • 登れる山:鉢伏山
  • 参考:塩尻市ホームページ

崖の湯から向かう場合
長野自動車道の塩尻インターから岡谷方面(塩尻峠)へ国道20号を進み、最初の信号を左折します。6㎞ほど進み「崖の湯口」交差点で右折し崖の湯に向かいます。崖の湯温泉を通過し、細い道に入ったら6㎞ほどで高ボッチ方面との分岐に着きます。

国道20号から向かう場合(豪雨災害の影響により、通行不可。令和5年8月時点)
長野自動車道の塩尻インターから岡谷方面(塩尻峠)へ国道20号を進むこと5㎞、高ボッチの看板で左折し9㎞ほどで高ボッチに到着します。

駐車場は3か所あり、展望台のある場所(ファミリー広場)には売店があり、観光客が大勢訪れています。
崖の湯への分岐地点の駐車場からは鉢伏山までの「みはらしコース」が整備されていますが、鉢伏山頂上付近の鉢伏山荘まで車で行けます。鉢伏山荘の駐車場は有料です。

スポンサーリンク

▼全景(ファミリー広場駐車場/第2駐車場)

●ストリートビュー(ファミリー広場駐車場)

▼案内所(でいだらボッチ館)

▼トイレ

▼駐車場看板

▼全景(第1駐車場)

●ストリートビュー(第一駐車場)

国道20号から登ってきたら最初に現れる駐車場です。

▼トイレ(第1駐車場)

▼案内看板

▼駐車場全景(みはらしコース登山口)

崖の湯方面と鉢伏山方面への分岐地点にあります。

▼みはらしコース登山口

▼鉢伏山荘への道

●ストリートビュー

鉢伏山の解説(出典:Wikipedia

鉢伏山から東方および南方に延びる尾根は中央分水嶺となり、日本海へ注ぐ河川である犀川・千曲川水系と、太平洋に注ぐ天竜川水系を分けている。山岳信仰の山であり、西側中腹にある牛伏寺がよく知られている。

周辺の登山口駐車場

鉢伏山登山口 牛伏川いこいの広場駐車場(フランス式階段工) 
鉢伏山荘駐車場 鉢伏山登山口

スポンサーリンク

記載されている情報について

携帯の電波状況について Docomoの電波状況であり、softbankおよびauの電波状況ではありません。

マップコードについて 多くのカーナビで採用されている目的地検索のために使用できる数字です。入力するとピンポイントで目的地を指定可能です。ご使用のカーナビの取扱説明書をご確認いただくか、カーナビを普段よりいじくってみると入力画面が出てくるかもしれません。

駐車場の状況の変化について いかんせん調査時からの時間の経過というものには対応できていません。状況が変わっているかもしれないので、関係機関等で最新の情報を入手してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする