九千部岳登山口 田代原トレイルセンター 駐車場(田代原キャンプ場)

  • 30台/無料
  • トイレあり
  • 標高:607m
  • 緯度経度:32°47’10.7″N 130°15’23.4″E
  • マップコード:173 706 842*81
  • 住所:〒854-0406 長崎県雲仙市千々石町己
  • トレイルセンター開設期間:5月1日~11月30日
  • 登れる山:九千部岳、雲仙岳、吾妻岳

島原道路の長野ICから県道55号や251号等を経由して25㎞、九千部岳の北側のキャンプ場の入口、田代原トレイルセンターの駐車場です。トレイルセンターでは生き物や山の情報など自然探索に関することを学べる施設です。九千部岳の登山口はトレイルセンターと道路を挟んで反対側にあります。迷うことはないでしょう。

スポンサーリンク

▼駐車場入口

▼登山口(九千部岳)

▼雲仙岳の概要(出展:Wikipedia

最高峰の平成新山(1,483m)を中心に、周囲に、普賢岳(1,359m)、国見岳(1,347m)、妙見岳(1,333m)、野岳(1,142m)、九千部岳(1,062m)、矢岳(943m)が存在する。普賢岳や平成新山の溶岩は千々石カルデラ由来である。つまり、小浜温泉沖合いの橘湾地下のマグマだまりから供給されている[2]。主峰は普賢岳(ふげんだけ)だが、1990年(平成2年)から1995年(平成7年)にかけての火山活動で平成新山ができ、こちらの方が標高が高くなった。また平成新山は長崎県の最高峰でもある。

スポンサーリンク

記載されている情報について

携帯の電波状況について Docomoの電波状況であり、softbankおよびauの電波状況ではありません。

マップコードについて 多くのカーナビで採用されている目的地検索のために使用できる数字です。入力するとピンポイントで目的地を指定可能です。ご使用のカーナビの取扱説明書をご確認いただくか、カーナビを普段よりいじくってみると入力画面が出てくるかもしれません。

駐車場の状況の変化について いかんせん調査時からの時間の経過というものには対応できていません。状況が変わっているかもしれないので、関係機関等で最新の情報を入手してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする