美濃戸口

  • 150台/500円(1日)
  • 標高1500m
  • トイレあり/飲用水あり/携帯つながる
  • マップコード:218 531 435*78
  • 緯度経度:35°58′55″/138°18′04″
  • バス:JR茅野駅から美濃戸口線(ICカードには対応していません)
    アルピコ交通ホームページ(外部リンク)
  • 目的山域:赤岳/阿弥陀岳/地蔵尾根
  • 美濃戸口から本格的な登山口(美濃戸山荘)までは、しばらく(1時間程度)林道を歩きます。

以前は2つの業者が管理していましたが、現在は八ヶ岳山荘に一本化されています。八ヶ岳山荘にて日数分の料金を前払いし、駐車券をダッシュボードに置いておきます。駐車券は使用後、ステッカーになりますしコーヒー1杯とも引き換えられます。

美濃戸山荘/赤岳山荘/やまのこ村などの駐車場までも車で進入できます。ただし、道中は轍が深かったり石が転がっていたりする悪路ですので、八ヶ岳山荘に停めて歩いていくことをおすすめします。また、美濃戸山荘には宿泊者しか駐車できないので要注意です。

八ヶ岳山荘は通年営業しています。
八ヶ岳山荘案内(外部リンク)

駐車場の写真いろいろ↓

▼全景

▼八ヶ岳山荘

▼駐車料金

▼バス停



▼風呂案内

▼美濃戸口から美濃戸への通行について

●美濃戸の他の駐車場
赤岳山荘駐車場
やまのこ村駐車場
美濃戸山荘

▼Googleストリートビュー

記載されている情報について
  • 携帯の電波状況について
    Docomoの電波状況であり、softbankおよびauの電波状況ではありません。
  • マップコードについて
    多くのカーナビで採用されている目的地検索のために使用できる数字です。入力するとピンポイントで目的地を指定可能です。ご使用のカーナビの取扱説明書をご確認いただくか、カーナビを普段よりいじくってみると入力画面が出てくるかもしれません。
  • 駐車場の状況の変化について
    掲載している駐車場にはほぼ行ってみましたが、いかんせん調査時からの時間の経過というものには対応できていません。状況が変わっているかもしれないのでご注意ください。
スポンサーリンク
こんな記事もよく読まれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする