七倉山荘駐車場 高瀬ダム登山口

  • 50台/無料/24時間出入り可
  • 標高1058m
  • トイレあり/飲用水あり/携帯微妙
  • 登山ポストあり
  • 葛温泉から七倉山荘駐車場まで冬季閉鎖期間あり
  • マップコード:691 252 819*84
  • 緯度経度:36°29′38″/137°43′30″
  • ここから高瀬ダムまでマイカーでの進入できないので、乗り合いタクシーで向かいます。
  • 目的山域:烏帽子岳/船窪岳/水晶岳/野口五郎岳/真砂岳/裏銀座/湯俣温泉
  • その他の北アルプス登山口駐車場>>>北アルプス登山口駐車場全体マップ

タクシー詳細(信濃大町なび)

林道規制情報(槍ヶ岳線)

高瀬ダムに向かって車を走らせます。途中で左手にダムが見えてきますが、これは大町ダムです。大町ダムを過ぎると、葛温泉という温泉地に差し掛かります。宿は少ないですが良い宿ありますので、お時間とお金に余裕のある場合はぜひお立ち寄りください。日帰り入浴できる宿もあります。

高瀬ダムまで一般車は進入できません、七倉駐車場から「6㎞くらい」歩いていくか、乗り合いタクシーに乗っていくかの二択です。たまーに歩いていく人も見かけますが、よほどの健脚でない限りはタクシーに乗っていく方が良いでしょう。
何せ、高瀬ダム登山口から登る烏帽子岳は「三大急登」と呼ばれている山ですから、体力温存に越したことはありません。烏帽子岳に行かなくとも、反対側の湯俣温泉までは、ほぼ平坦な道を3時間。高瀬ダムから向かう場所はどちらに行ってもベテラン向けな気がします。


タクシーは基本乗り合いで行くわけですが、ここでひとつ頭をよぎります・・・「知らん人と乗り合いってなかなかハードル高くねえかな?」ということですが、ここは山に登るというテンションの高さであっさりクリアできます、乗り場に並んでいればタクシーの運転手さんが声を掛けてれます。ちなみに満車にならなくても出発してくれます、ただし、一人当たりの料金は割高になりますが。。。

帰りは、高瀬ダムにタクシー呼び出し電話がありますのでタクシーを呼びましょう。運がいいと高瀬ダムにタクシーが待っている場合もあります。

登山口まで登山バス「毎日あるぺん号」という選択肢もあります。

湯俣温泉の吊り橋が崩壊してしまい、晴嵐荘の営業を見合わせているようです。
事前に情報収集されることをお勧めします。⇒晴嵐荘ホームページ




▼全景

▼タクシー案内
(現地で正確な料金を確認してください。)

▼ゲート

▼登山相談所(黄色いポストに登山届けを入れる)

▼右の建物がトイレ

▼Googleストリートビュー

スポンサーリンク

記載されている情報について

携帯の電波状況について Docomoの電波状況であり、softbankおよびauの電波状況ではありません。

マップコードについて 多くのカーナビで採用されている目的地検索のために使用できる数字です。入力するとピンポイントで目的地を指定可能です。ご使用のカーナビの取扱説明書をご確認いただくか、カーナビを普段よりいじくってみると入力画面が出てくるかもしれません。

駐車場の状況の変化について 掲載している駐車場にはほぼ行ってみましたが、いかんせん調査時からの時間の経過というものには対応できていません。状況が変わっているかもしれないのでご注意ください。

こんな記事もよく読まれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする